DSC_0402_edited_edited.png
DSC_0355_edited.jpg

Makio Horie

&

Toko Suzuki

ロシアで7年暮らした

堀江牧生と、

アメリカで13年暮らした

鈴木陶子がお届けする、

東西の

古き良き時代の文化を

深く受け継いだ、

正統派デュオです。

DSC_0354_edited.jpg

Upcoming Concert

一緒に演奏会をしようと思ったきっかけは、昨年2020年1月に開催された吹田市文化振興事業団主催の「吹田の若手音楽家によるコンサート」で共演したことでした。共に吹田市出身、今のところ、まあまあ近くに住んでいるので、学生の時のように、じっくり合わせができるのが楽しいなあと思って、共演をお誘いしました。「みんなで音楽祭」、動画制作に続き、今回は私が今、皆様にお届けしたい選りすぐりの曲を集めて1つのプログラムにしました。

牧生くんのルーツを見つけました。

この曲は牧生くんがモスクワ音楽院の大ホールで修了演奏会で弾いた曲だそうで、「当時の師匠、シャホフスカヤ先生が同じ場所で演奏していた動画を見つけ、演奏の機会を得た時に迷わずリクエストしたのも懐かしいl、、」と綴っていました。彼の当時の師匠は、Natalia Shakhovskayaという方で、演奏家として有名であっただけでなく、数多くの著名なチェリストを育てた方だそうです。動画を探してみました。
牧生くん見つけたら怒りそうな並べ方ですが(笑)、師匠が同じ曲を弾く動画を見つけてしまったので、ここに並べておきます。この動画がきっかけでグラズノフの「吟遊詩人の歌」が弾きたいと思ったのですね。

合わせってどんなん?

こんなビデオも作ってみました。

アンサンブルの合わせをどうやって行うか、動画を作ってみたくなり、フォーレの「シシリエンヌ」で実験してみました。撮影よりも大変だったのが、動画の編集でした。

2020年10月25日に開催した「みんなで音楽祭10周年記念コンサート」にて演奏したドビュッシーです。

2/26/2021, Friday!
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now